生活

【感想】沈黙のWebライティング

「ブログを作ってみたけどどのように書けばいいのかわからない」
「ブログのPV数が伸びない」

「SNSでどんなことを発信したらいいのかわからない」

と思っている方にオススメする本です!

私もブログを作ってみたもののPV数が全然伸びず、どのように書けばいいのか、わからない状態でした。(今も模索中です(笑))

私は「沈黙のWebライティング」で

❝検索ユーザーは「読みたい」のではなく、「情報」を知りたい❞

という文章にはっとしました。
ブログを作って、一生懸命に書いているのだから「多くの人に見てもらいたい」、「最後まで読んでもらいたい」と自分勝手なことばかり考えていたと気づきました。
ブログを見る、読む人の思いをまったく、考えていなかった...

 

「沈黙のWebライティング」の中で、私が今後はじめに取り入れたいのは、冒頭のポイントです。

冒頭のポイントとは
1.記事の更新日を記載
2.記事が誰に向けて書かれた記事なのかを書き読み手の自分事化を強める
3.記事に書かれている内容を簡潔に要約
4.記事にどんな情報が書かれているかわかるように「ページ内リンク」としての情報「目次」を設置
5.話者を明らかにし、読み手が書き手の感情に「共感」しやすい状態を作る

※各項目の詳細については『沈黙のWebライティング』を読んでください。

「沈黙のWebライティング」では、この他にも多くの具体的なライティング方法が説明されています。
私が今後ブログ、SNSを運営していく中でバイブルになる本だと感じました。
一つ一つできるように日々精進していきます。

『沈黙のWebライティング』-Webマーケッターボーンの激闘ー 著者:松尾 茂起

-生活

© 2021 ちみろひブログ